国際結婚 | 大和行政書士事務所
MENU
国際結婚

在留資格更新

●当大和行政書士事務所は、国際結婚の結婚相手をご紹介する事務所ではございません。
外国人と結婚した方、又は、外国人と結婚する予定の方々の入管手続きのお手伝いをする事務所です。

✔ 外国人と結婚して日本で一緒に暮らしたい方
✔ 日本人と結婚して日本で一緒に暮らしたい外国人の方

✔国際結婚の手続きがよくわからない方
✔国際結婚したが、日本で一緒に暮らす手続きがわからない方
✔国際結婚したので、短期滞在から結婚ビザへ変更する方

✔オーバーステイなので結婚できるかどうか不明な方
✔オーバーステイでの国際結婚の手続きが不明な方

✔自分で、又は他の事務所で結婚ビザを申請したけど不許可になった人
✔結婚ビザを申請したけど入管から追加書類を求められて困っている人
✔確実に結婚ビザを取得する必要がある人
✔婚姻要件具備証明書が発行されない方

✔国際結婚して、配偶者の連れ子も日本に呼んで一緒に暮らす予定の方

✔日本人又は永住者と離婚又は死別したので、他の在留資格へ変更する人

✔難民申請しているけれど、結婚予定の方
✔難民申請しているけれど、結婚したので在留資格変更申請する人

当事務所では、国際結婚の入管手続きについて、専門の行政書士が在留資格申請に関する手続の一切のお手伝いをいたします。お気軽にご相談下さい。(初回相談無料)

●国際結婚といっても、結婚すれば何の手続きもしないでお相手を日本に呼んで、一緒に暮らせわけではありません。結婚ビザといわれる在留資格を申請して、許可されて初めて日本で一緒に暮らせることになります。

●配偶者ビザと呼ばれているものには、誰と結婚するかによっていろいろな在留資格があります。
・ 日本人と結婚した場合 ⇒ 日本人の配偶者等
・ 永住者又は特別永住者と結婚した場合 ⇒ 永住者の配偶者等
・ 定住者と結婚した場合 ⇒ 定住者
・ 就労資格等で在留している方と結婚した場合 ⇒ 家族滞在

  
●結婚ビザを取得する方法は、次の2通りがあります。
・配偶者が外国にいる場合 ⇒ 在留資格認定証明書交付申請
・配偶者が日本にいる場合 ⇒ 在留資格変更許可申請
※結婚したからといって、結婚ビザが必ず取得出来るわけではありません。
偽装結婚などの取り締まり強化のため、審査は非常に厳しいものになってきています。
確実に許可を取りたい方は、専門家に相談することをお勧め致します。

●結婚ビザをとると
職業に制限はありません。即ち、ホステス等の水商売、風俗営業法適用の職業でも可能で、その経営も可能です。
(家族滞在を除く)
ただし、そのような職業の場合、偽装結婚を怪しまれる可能性が高くなるので、偽装結婚でないという合理的な証明が必要です。本当の結婚であっても、偽装結婚と疑われた場合は、ビザの取得だけでなく、ビザの更新も不許可になってしまう場合があります。
偽装結婚は犯罪です。また、そのように悪い外国人が非常に多いため、まじめに本当に愛し合っている外国人もその影響を受けて困った状態になってしまう場合があります。