在留特別許可 | 大和行政書士事務所
MENU
ご依頼の流れ(在留特別許可)

在留特別許可 ご依頼の流れ

1)お電話もしくはメールにて面談の予約をお願い致します。

2)面談は配偶者の方でも結構ですが、できましたら、お二人でお出で下さい。また、特別の事情がある場合には事前にご相談ください。

3)面談所要時間は、1時間ほどですが、事情を詳細にお聞きすることになった場合は、2~3時間かかります。お時間の余裕を持ち、面談のご予約をお取りください。

4)面談をスムーズにするために、パスポートの全ページのコピー、コピーで構いませんのでその他準備できる資料等を可能な限りお持ちください。

5)相談頂いた内容については、秘密厳守の徹底をお約束いたします。安心してご相談ください。
(個人情報保護法、当事務所のプライバシーポリシー、それらに加え行政書士は法律で守秘義務が課せられています。)

6)面談において、偽りや隠し事は絶対になさらないようにお約束させていただきます。私たちの信頼関係が崩れてしまうばかりでなく、申請等の手続きが根底から変わってしまいます。

7)お客様のお話を伺った上で、「在留特別許可」の許可がおりる可能性が低いと判断した場合は、理由をご説明した上で、お断りさせて頂くこともございます。ご了承ください。

8)偽装結婚に関わるご相談は一切お断りさせていただきます。着手後であっても偽装結婚と判明した場合、その場で契約を解除させて頂きます。

9)無料相談の後、正式なご依頼という場合には、契約をかわさせていただきます。料金については、全額前金にてお願いしております。

10)東京入国管理局及び、横浜支局以外の場合は交通費(実費)を請求させて頂きます。また、日本語に翻訳が必要な書類がある場合、言語によりますが、別途翻訳料(実費)がかかる場合もあります。ご了承ください。

11)以下のような事情がある場合、通常報酬の他に追加報酬をいただきます。


・外国人配偶者が逮捕、収容されてしまっている場合
・外国人配偶者について別途、仮放免手続きが必要な場合
・婚姻手続きが済んでいない場合
・外国人配偶者の婚姻要件具備証明書等が取得できない場合
・外国人配偶者が密入国した場合やパスポートがない(偽造、他人のパスポート)場合
・外国人配偶者が偽名で婚姻手続きしてしまっている場合

【ご参考】
次のような場合は在留特別許可はほとんど認められません。
・偽装結婚が判明した場合
・別居等、実質的に婚姻関係が破綻してしまっている場合
・入管法以外の違法行為があった場合
こちらについては許可になったケースもございますので、ご相談下さい。
・許可前に帰国してしまった場合

また、在留特別許可は、おおよそ1年以内に認められますが、偽装結婚等の不正の疑いのある場合2~3年以上かかる場合もあります。

当事務所での在留特別許可サービス範囲

1)オーバーステイ、在留特別許可のご相談

2)婚姻手続きのご指導(オプション)

3)資料作成

4)「在留特別許可」願出、出頭時同行

5)仮放免手続き(オプション)