永住申請 | 大和行政書士事務所
MENU
永住申請

永住許可申請

●当大和行政書士事務所は、永住許可を取る方、取る予定の方の入管手続きのお手伝いをする事務所です。

◎不安な方、わからない方
✔ 永住許可の申請条件を満たしているか不明な方
✔ 永住許可申請が許可されるか不安な方

◎ 専門家に頼みたい方
✔ 許可を確実に取るため専門家に頼む方
✔ 許可になるか不許可になるか心配なので、専門家に頼む方
✔ 自分で申請して不許可となったので、専門家に頼む方
✔ 他の弁護士、行政書士等に頼んだが、不許可になった方

◎ 社会的信用が欲しい方
✔ 永住者になって公的な住宅ローン、銀行の融資等を受けようとする方
✔ 永住者として社会的、経済的信用を増したい方

当事務所では、永住許可申請について、専門の行政書士が永住許可申請手続の一切のお手伝いをいたします。お気軽にご相談下さい。
(初回相談無料)

●永住許可条件
 ① 素行が善良であること
 ② 独立の生計を営むに足りる資産または技能を有すること
 ③ その者の永住が日本国の利益に合すること
 ④ 10年以上連続して在留していること
  ※緩和条件は次のとおりです。詳細はお問合せ下さい。
  ・日本人・永住者・特別永住者の配偶者
   ⇒婚姻後3年以上日本に在留していること
   ⇒海外で婚姻後3年を経過し、かつ、日本で1年以上在留していること
  ・日本人・永住者・特別永住者の実子または特別養子
   ⇒引き続き1年以上日本に在留していること
  ・難民認定者(インドシナ定住難民含む)
   ⇒引き続き5年以上日本に在留していること
  ・定住者
   ⇒定住許可後、引き続き5年以上日本に在留していること
  ・我が国への貢献があると認められた者
   ⇒引き続き5年以上日本に在留していること

●永住者のメリット
・ 在留期間更新の手続が不要となり、面倒な更新、ついうっかりの更新ミスがなくなります。
・ 再入国許可の期限「5年」が可能。(みなし再入国は1年以内)
・ 就労活動に制限がなく、法令に抵触しない限りどんな仕事もすることができます。
・社会的、経済的信用が増すため公的な住宅ローンや、銀行の融資が受けられるようになります。
・その他、永住者は他の在留資格の外国人に比べていろいろな場面でメリットがあります。

●永住許可申請と帰化申請
永住許可をとると「永住者」となり、他の在留資格のように期間更新の手続きが必要なく、ついうっかり更新を忘れて不法残留というリスクもなくなり、外国人が最終目標とする在留資格です。一方、帰化は日本人となることであり、永住許可との大きな違いは、国籍が変わることです。すなわち、帰化するとこれまでの本国の国籍を失い、日本の国籍を取るということです。(二重国籍は認められません)

本国が未だ日本と経済格差のある国である場合などは、子供たちの将来を考えれば日本に帰化するのが望ましいと考える人がいる反面、やはり国籍の変更には抵抗があるという人も多いと思います。
外国人として日本に住み続けるのか、それとも名実ともに日本人として生きていくのかの選択になります。
また、「帰化」と「永住者」の許可を取りやすいのは、外国人の方のそれぞれに事情により変わってきますのでケースバイケースです。